旋盤加工・ものづくり真鍮・砲金・銅・アルミニウム・鉄・ステンレスの加工職人

押さえ金具

押さえ金具 注意点   加工機 中村留マシニング(ターン・テーブル)

       素材検査  真鍮端贓品 キズ・汚れなきこと 素材引取り時、員数確認のこと、

       取り付け   2枚重ねでセット 電線取り付け部をかさねること

               スナップ・スイッチ切り替えじエアー漏れの恐れあり確認を

               ドリル切れなくなると加工バリ発生するので注意

               スタートボタンは安全確認後押すこと(誤操作なきこと)

       面取り    バリは表裏4×2=8ヶ所確実に取ること(目のこしなきこと)

               面取りカッターの刃が切れないと返しバリ発生、(爪で引っかかりあるとダメ)

               C面は0.5C以下のこと(0.2~0.5C)

               面取り作業時、素材に汚れあるワークは大和伸銅へ返し、酸洗いする。

       メッキ    下地はニッケル 仕上げはクローム加工る。

               ワークの汚れのため、メッキが付かない=黄色い地肌が見える・・・アウト

               高圧電流が流れる(1次導体と押さえ金具はセット品)ためメッキが付いてい

               ないとダメ・・・・・メッキを剥離し大和伸銅で酸洗い後再度メッキする

               剥離代は当社費用弁償です。ご注意願います。

       箱詰め    全数外観検査メをッキ肌・キズ面取り忘れ・面取りバリを目視検査する。

               員数はハカリでダブルチェックすること。

               品名・製造年付き日・検査員名を明記すること。

               バリつきはボール盤で面取りをしてシルバーのリップを塗り製品とする。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 押さえ金具

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://you-you-i.com/mt/mt-tb.cgi/604

加工の相談、見積りは 

有限会社 ユー・アイ工業

〒949-3112 新潟県上越市大潟区土底浜2135-1

TEL 025-534-2588 

FAX 025-534-5945

E-mail  youinet@cello.ocn.ne.jp

burogu.jpg  

 

 

 

 

QRcode.gif